イメーションブランドRDX製品は、2015年11月1日よりSphere3D社(日本国内ではタンベルグデータ株式会社)から製品の提供を行います。
ただし、一部製品は販売終了となります。ご了承ください。

導入事例 Case Study

HOME > 導入事例 > イー・アソシエイツ株式会社

イー・アソシエイツ株式会社

簡単で使いやすく、信頼性の高いRDXによって、日々のバックアップのスピードが大きく向上

[掲載日:2011年3月8日]

イー・アソシエイツ株式会社 イメージ

導入前の課題

導入効果


  • OSやアプリケーションを含むサーバ環境全体のイメージバックアップの必要性を強く感じ、そのためのストレージを探していた。
  • 利用してきたテープ装置が老朽化し、新しいストレージへの移行が必要だった。
  • シンプルで運用管理の負担が少なく、信頼性のあるストレージを利用したいと考えていた。
  • ハードディスクと同様の速度/使い勝手により、ファイル、イメージバックアップともバックアップ時間が短縮した。
  • サーバやPCへの接続が簡単に行え、既存のテープ装置(LTO Ultrium2)から容易に置き換えることができた。
  • RDXはカートリッジ形態なので扱いやすく、誰でも簡単に利用できる環境を整えられた。

導入効果

導入の経緯 サーバ環境の更新に伴い、 使いやすいバックアップメディアとしてRDX を選択

イー・アソシエイツは、上場企業が行う四半期ごとの決算説明のネット配信やサポート、IRウェブサイトの制作、株主総会の運営コーディネートや議決権行使システムなど、各種IR活動を支援するサービスを提供している。各社から開示前の資料を預かり、守秘義務や公開のタイミングなど運用上の観点から、現在は社内に複数のファイルサーバを活用した環境を構築している。そのため、情報(データ)の保管やバックアップに高い意識を持っている。

同社はこれまでデータのバックアップと保管にテープメディア(LTO Ultrium2)を用いていたが、サーバ環境を更新するにあたり、より使いやすく、業務効率の向上に役立つストレージを使いたいと考え、イメーションのストレージシステム「RDX」を採用した。

業務部 業務システム課 課長の長場宏充氏は、RDXを採用した経緯を次のように話す。

株式会社イーアソシエイツ 業務部 業務システム課 課長 長場宏充氏「ファイルのバックアップだけでなく、OSやイントラネット上で運用しているアプリケーションを含めた業務環境全体のイメージバックアップを行いたいという要件があり、そのためのストレージを探していました。NASや普通のハードディスクなども含めて検討していたのですが、そこでサーバベンダーが標準でラインアップしていたRDXに注目したのです。テープメディアではイメージバックアップができない、NASでは弊社の規模や運用を考えると少々面倒といった懸念がありましたが、RDXならこれらを払拭できると思いました。

また、長年使ってきたテープ装置の故障やエラーが増えてきたので、それを簡単に置き換えたいというニーズもありました。なるべくシンプルな構成で、トラブルが起こりにくい環境を実現したいと考えていましたので、その点でもRDXが最適な選択肢だったのです。」

これまでデータの損失やサーバ環境の障害が起こったことは一度もないが、万が一そうした状況になった場合の復旧にかかる時間や労力、コスト、業務や信頼への影響を考えると、イメージバックアップを行う必要性を強く感じていたとのこと。ドライバソフトなどを特に必要とせず、Windows環境であれば接続してすぐにハードディスク同様に使えるというRDXの利便性の高さも評価したと長場氏は補足する。

導入プロセス 内蔵タイプを選択して、 サーバ本体と一緒にスムーズに導入

RDXのドッキングステーションは、サーバ本体に内蔵できるタイプを選択して、サーバごとに導入する形態を採ったため、特に苦労や気を使ったことはなかったという。それとは別にUSBで接続する外付けタイプも使用しているが、こちらも使い勝手がよく、評価は上々と長場氏は話す。

「今は、社内に複数あるサーバの2/3にRDXを搭載しています。残りのサーバもリプレースしていく予定なので、そこでもRDXを採用するつもりです。最初からサーバに内蔵しておけば、シンプルな構成を保てますし、運用面でも負担が少ないと思っています。

外付けタイプはUSBで接続するので、サーバはもとより、クライアントPCでもすぐ使えます。日常のいろいろな場面で小回りの利く運用や管理ができるので、とても便利ですね。当初はサーバ側のバックアップメディアとしてRDXを捉えていましたが、各PCのバックアップにも活躍することになるでしょう。外付けタイプの筐体はつくりが頑丈で、カートリッジと同様に安心感があるのも好ましいです。」

導入効果 運用管理が楽になり、 日々のバックアップの効率と信頼性も高まる

まず効果として挙げられるのは、バックアップの運用が簡単になり、また日常のバックアップにおける信頼性が向上したことだという。

「カートリッジをドッキングステーションに入れれば、すぐに使えるので、本当に楽です。システムの管理は実質的に私が一人で対応していますが、外出時やちょっと急ぎの場合などでも、パソコンに詳しくない総務関係の社員にカートリッジの入れ替えをお願いできたりするのは、RDXのシンプルさや使いやすさを示す好例と思っています。専任の管理者がいない企業や拠点などでも、こうした取り扱いのしやすさはメリットになるのではないでしょうか。

カートリッジの耐久性も、テープと比べて大きく向上しているので、安心して利用できます。テープではヘッドとテープが接触するのでどうしても磨耗してしまいますが、RDXはハードディスクと同じなのでそういうことがありません。落下や衝撃に強いのもいいですね。これまでテープで保管してきたバックアップデータは、順次RDXへ移行しています。」

カートリッジ1つあたりの容量が大きく、また高速なアクセスが可能ということもバックアップ作業の効率化に大きく貢献していると長場氏は話す。「テープへのバックアップは、ソフトウェアによる変換もありますが、やはり時間がかかります。80~100GB程度のバックアップを行うのに、テープでは8時間くらいかかっていましたが、RDXでは2時間弱ほどに短縮されました。実測値で4~5倍違うというのは、業務効率の面でも非常に大きな効果です。市販のバックアップソフトを使用すれば、差分・増分バックアップなど更なる時間短縮もできますがフルバックアップでも十分速いですし、万一の際も安心です。

最近はPCやサーバに内蔵されるハードディスクも大容量化していますが、RDXは1つのカートリッジで500GBや640GB、750GB、さらに1TBまでラインアップされているので、利用しやすいと感じます。」

今後の展開 サーバの更新に合わせて順次導入予定。 今後の展開 普及や価格面にも期待したい

ストレージとしてのロードマップが明確になっており、サーバへの内蔵をはじめハードベンダー各社の対応もしっかりしているとの判断から、今後もRDXを積極的に活用していきたいという。イメーションに対してはRDXの普及によりカートリッジが購入しやすい環境になることや、より高速なインターフェースへの対応に期待していると長場氏は話してくれた。

「これまでにもカートリッジ型のハードディスクはいくつかありましたが、あまり普及しないうちに終息してしまいました。RDXはその点でも安心して使えると思っています。カートリッジの容量やUSB3.0対応ドッキングステーションの発売などインターフェースの転送速度の強化にも期待していますし、普及に伴ってカートリッジ価格が下がってくれれば、もっといろいろな場面で活用する機会が増えるでしょう。

あまり強くアピールされていないようですが、カートリッジが3年保証ということも評価しています。カートリッジは消耗品として捉えがちですが、RDXはそうではないと示す部分ではないでしょうか。トータルなコストパフォーマンス、ライフサイクルを踏まえれば、採用に前向きになるユーザは増えていくと思います。」

イー・アソシエイツ株式会社様 概要
所在地 東京都千代田区一番町8番地 一番町FSビル2階
設立 2000年3月1日
資本金 1億円
従業員数 25人
事業内容 ネットIR配信・企画サービス、IR・広報コンサルティング、金融・IR 専門翻訳サービスなど
ホームページ http://www.e-associates.co.jp/
■ ご紹介した製品
■ 導入事例(PDF版)

PDF導入事例 イー・アソシエイツ株式会社様(1.1MB / A4・2ページ)

本事例に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日のものです。このページの閲覧時は変更になっている場合がございます。

RDXに関する資料請求•お問合せ

ページトップへ


Copyright 2019 Imation Corp. Japan