テープカートリッジ 技術情報

●信頼性のバックボーン、独自のバックコーティング技術
ブラックウォッチシリーズのテープは、データを記録する磁性層の反対側に誘電製のバックコーティングを施した構造を備えています。このバックコーティングが、さまざまな角度からテープとそこに記録されたデータを守り、信頼性の向上を実現しています。 image
 

静電気障害の一掃
エラーの原因となるチリやホコリは、おもに静電気により引き寄せられています。ブラックウォッチシリーズは、導電性の高いバックコーティングを施されているため従来のテープの8倍も対静電気特性が向上。チリ・ホコリの吸着を防ぎ、データ損失を徹底的に防止します。 image
バックコーティング
のあるテープ
image
バックコーティング
のないテープ

テープの物理変形防止
バックコーティングは、テープに適度な弾力性を与えます。そのため、万一テープくずなどの異物を巻き込んでも変形しにくく、エラーの発生などを防ぎます。 image
バックコーティング
のあるテープ

image
バックコーティング
のないテープ

巻き特性の改善
巻きずれ図
巻きずれ
テープ層間のずれ図
テープ層間のずれ

テープの高速走行時などに発生しやすい巻き ムラは、テープのエッジの損傷を起こし、データ 損失の原因となります。バックコーティングされた テープは、巻きずれやテープ層間のずれを吸収し、 巻き特性を大幅に改善。エッジ損傷を抑えます。

保存性の向上
バックコーティングは、リールハブに近いテープへの圧力を緩和し、テープ信号の均一性を維持。 長期使用、保存時におけるデータの信頼性を飛躍的に高めます。

取り扱いやすく、保存性にすぐれたカートリッジ設計

フラッシュガード ウェルド
カートリッジの接合部はクサビ状で、しかも超音波 によるフラッシュガード接合を採用。バリやチップの テープエリアへの侵入を防止し、テープをしっかり ガードします。 image
従来の場合
image
フラッシュガード接合

ライトプロテクト(テープカートリッジのみ)
書き込み可/防止の状態を、システムが 自動的に認識。鍵マークがあり、使用者にも 一目でわかります。 image
書き込み可
image
書き込み不可

フィンガーグリップ(テープカートリッジのみ)
シェルのサイドに刻まれ た溝が、カートリッジを扱いやすくし、落としたり 壊したりといったトラブルを 防止します。 image

ブラックウォッチ9840システム専用テープカートリッジ

高速アクセスを可能にするテープシステム
テープを引き出す必要のない、カートリッジ内蔵式の走行系が、ロードタイムのロスを改善。さらにテープは、両方ののハブに均等に巻取られた状態で待機。つねにテープ中間点から始まる検索が、データへの平均アクセスタイムを大幅に短縮(ロードも含め13秒)、圧倒的な高速化を実現しました。 image
9840システム専用テープカートリッジです。コンパクトな1/2インチテープで 非圧縮時20GB、圧縮時80GBの記憶容量を備え、しかも20MB/secの 高速データ転送を実現。独自のバックコーティングによる高い信頼性で バックアップ、アーカイブ、ライブラリーなど、あらゆる情報戦略の中核メディアとして活用できます。

3480/3490Eとカートリッジの形状互換互換
従来のオートチェンジャーなどがそのまま活用でき、初期コストが最小限に抑えられます。

超微粒子メタル磁性体(MP)と独自のバックコーティング
安定した出力でエラーを確実に抑えます。また、耐静電気特性に優れ、チリ、ホコリの吸着を抑制。 巻きずれやテープ眉間のずれも改善し、データ損失の原因となるテープの変型やエッジ損傷を徹底的に防止します。

工場書き込みのサーボパターン
正確なヘッドの位置決めを可能にし、リード/ライトの信頼性をさらに確実にします。

メディア情報領域(MIR)
テープの一部に、自分自信に関する情報(マウント、パスその他)が記録され、メディアとドライブの効率的な管理を可能にします。


テープメディア取扱い上の注意

●データシートダウンロード

ここではデータシートをPDFファイルにて ダウンロード又は、ご覧いただけます。
※PDFファイルをご覧になるにはAdobe Systems社の
  Adobe Readerが必要です。
PDFアイコン (PDF 98KB/1ページ)
2013年9月20日現在
 


PageTOP▲
Copyright 2000-2014 Imation Corp. Japan サイトマップ | お問合せ | Legal Information | Privacy Policy