1. Home>
  2. 会社情報>
  3. ニュースリリース>
  4. 2013年度>
  5. イメーションが新分野に進出、NEXSANストレージソリューションの展開を開始
2013年度ニュースリリース

ニュース イメーションが新分野に進出、NEXSANストレージソリューションの展開を開始国内市場に最適の先進ストレージシステムの事業化により、
エンタープライズストレージ市場に本格進出し、新たな成長基盤の創成をめざす

2013年7月4日
イメーション株式会社

データの記録・保存・保護とその活用およびセキュリティに関するシステムの提供をグローバルで展開する米Imation Corp.(本社:ミネソタ州、NYSE上場)の日本法人、イメーション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:松井国悦)は、このほど買収・統合を完了した米Nexsan社のストレージソリューションの国内事業展開を7月中旬より開始します。

Nexsan社は、世界11,000社以上の導入実績を持つ先進のディスクベースおよびハイブリッドストレージベンダーであり、高密度、低消費電力、低コストなど優れた特長を持つ信頼性の高いNexsanデータストレージソリューションを提供しています。海外エンタープライズ市場で10年以上にわたり展開を継続し、これまでに33,000システム以上を供給、高い評価と実績を誇ります。

仮想化、クラウド化が進展し、データストレージが高成長する市場を見据え、イメーションは、Nexsan社株式を1億2000万ドルで取得し(米国2013年1月2日付発表)、Nexsanビジネスを事業ポートフォリオに加えることにより、エンタープライズストレージ市場に本格進出していきます。競争力あるNexsanのストレージソリューションはイメーションのグローバルな販売リソースを得るシナジーにより、一層の飛躍が目されます。イメーションは、この事業への取り組みにより、従来の事業構造を転換し、今後の新たな成長基盤を創成していきます。

■国内市場への適合性

国内市場に対してNexsan製品は適合性が高く競争力の高い特性を備えています。独自の筐体設計とHDD実装技術により、世界でトップレベルの高密度、低振動、低発熱を実現。ラックスペースを節約し、ダウンタイムと保守コストを低減、冷却コストを削減します。また各HDDへの電力供給を最適化するNexsan独自の「AutoMAID®」技術により最大87%の消費電力を削減、驚異的な低消費電力性能を発揮します。省スペース、省電力設計を重視する日本市場の特性に適合し、企業ユーザー、データセンターを含め、国内顧客ニーズに合致したデータストレージといえます。

さらにSSDとHDDのハイブリッドストレージ技術「FASTier®」により、ランダムなアクセスが非常に多くなる仮想化環境においてもパフォーマンスの維持と低コストの両立を実現します。一層の拡大が見込まれるデスクトップ仮想化、サーバ仮想化などの仮想化環境に最適な対応が可能です。

■NEXSANビジネスの国内展開戦略

●イメーション日本法人による主体的なビジネス推進
イメーションとの統合前はNexsanの現地法人拠点がなく、米国本社から日本の販売パートナーを支援するのみでした。今後は、イメーション日本法人内にNexsan専任部門を設置し、営業、マーケティング、プリセールス、ポストサポートを組織的に推進するとともに、企業全体として支援態勢を組んでいきます。イメーションが主体的に取り組むことにより、Nexsan製品の普及・拡販体制を強力に推進していきます。
●新製品群を迅速に投入
Nexsanがイメーションに統合されて以降、新製品の投入計画が急速に進行しています。アーカイブストレージソリューション「Assureon」(アシュリオン)の高速化、ハイブリッドストレージ「NST」シリーズの高速化、そしてRAIDストレージ「Eシリーズ」の高速化と信頼性向上です。以上3分野に投資を集中し、コストパフォーマンスと高性能を両立した製品を順次販売開始する予定です。
●販売代理店政策
Nexsan製品は直販を行わず、代理店経由での販売戦略を推進します。これまでNexsan普及に向けて精力的に取り組んできた既存代理店各社に対し、今後大幅なビジネス拡大に繋がるよう、営業、マーケティング、技術、保守など各方面での支援活動を強化していきます。さらに、カバーできていない分野に基盤を持つ販売パートナーを拡大することにより、広範な顧客層への普及を目指します。
パートナー支援のため、新たな「Nexsanパートナープログラム」の提供を開始します。営業・技術情報を積極的に提供するほか、案件登録の仕組み、トレーニングプログラム、セールス支援プログラムなど、豊富なメニューで構成しています。
日本市場を最重要視する米国本社の協力も得て、日本独自のプログラムを開発中で、米国の豊富な事例を日本国内でも積極的に案内するプログラムや、VMWareや、CommVaultなど他社ソフトウェアとの連携ソリューションを積極展開するプログラムなどを、多数打ち出していきます。

■日本は最重要投資地域

イメーションは今後の成長戦略の重要な柱として位置付けるNexsanビジネスの立ち上げに全力を上げて取り組んでいきます。販売態勢を整備し今後大幅に伸張していくことが想定され、製品の市場適合性が高いと考えられる日本に対し、米国本社も最重要の投資地域と位置付けており、強力な支援態勢を敷いています。

【CommVault Systems Japan株式会社からのエンド―スメント】

CommVault Systems Japan株式会社は、イメーション株式会社様の「Nexsanストレージソリューションの国内事業展開」の発表を心より歓迎いたします。既に米国ではパートナーとして実績があり、親和性も高く、多くのお客様から最適のソリューションとして支持されています。今回の発表により、国内のお客様のニーズに適したNexsanストレージ製品と、CommVaultが提供する業界首位のバックアップ製品、Simpana®ソフトウェアとの連携により、非常に高い拡張性とデータとコストを先進的に管理する高いソリューションを提供してまいります。
CommVault Systems Japan株式会社 Area Vice President 大越 大造

■NEXSANストレージソリューションの概要■

■特徴

シンプルで環境にやさしく信頼性の高い、Nexsanストレージシステム。

Nexsanはエンタープライズクラスのストレージ製品でありながら、業界をリードする高密度実装と、消費電力の最適化を実現する独自のグリーンストレージ技術「AutoMAID®」により、環境に優しく、エネルギーやスペースの効率性を向上し、コスト効率を重視するユーザーのニーズを考慮した高信頼性で使いやすい製品を提供しています。

●高密度でグリーンなストレージ技術
Active Drawer Technology 引き出し型ドライブベイによるHDDの高密度実装
3.5インチHDDを240本実装するために必要なラックスペースの場合、E-Seriesでは、競合他社の1/2以下に抑えることが可能
Anti-vibration Design ドライブを向かい合わせで実装することで回転による振動を相殺
ドライブ故障を低減
Cool Drive Technology ディスクの低温面を向かい合わせ、高温面には広いエアフロースペースを確保することで、効率的に冷却
●「AutoMAID®」技術
利用率の低いHDDの電源を徐々に落とし、消費電力を押さえる技術。AutoMAID Level 5では約87%の削減が可能
●デュアルコントローラー搭載
耐障害性、高可用性のシステムアーキテクチャー。SAS、SATAドライブに加え、SSDを混載で搭載することも可能。信頼性と価格のバランスの取れた製品

■製品ラインアップ

販売を開始する製品は以下の3シリーズ

●NEXSAN Eシリーズ
大容量データの保存、バックアップ・アーカイブに適した高密度・高可用性・低消費電力 SANストレージ

高密度、低消費電力、スケールアップによる大容量、シンプルなディスクアレイとして素直な構成のストレージシステムです。管理性を持った高いスペースコストと電力規制のある日本国内において大容量のデータセンターを持つ企業データのバックアップ、アーカイブシステムとして最適です。同一筐体内でSAS, SATA, SSDディスクを混在して搭載することができ、TBあたりのコストを重視した高密度実装が可能です。また、故障率の低い高信頼性ハードディスクの採用と、高レベルの品質管理により、高い信頼性を提供しています。

NEXSAN Eシリーズ

●NEXSAN NST5000
大容量データの保存、バックアップ・アーカイブに適した高拡張性・高速性・高信頼性を実現したユニファイド・ストレージ

エンタープライズクラスの機能を持ちながら、高い可用性と信頼性を確保しつつ、容易な運用管理と高い操作性を実現し、ファイルベースとブロックベースでのデータ転送の双方を使用可能にした、コストパフォーマンスの高いユニファイド・ストレージシステムです。マルチ階層キャッシュを用いた独自のFASTier®テクノロジーにより高速処理と仮想化環境を最適なコストで実現。また、拡張性を重視し、AutoMAID®機能により最大85%の消費電力を削減することも可能です。急速に増え続けるデータ量に対し、データセンターやIT部門のコスト削減と効率化向上を支援します。

NEXSAN NST5000

●ASSUREON(アシュリオン)
米国法令に準拠したアーカイブ用ストレージシステム

プライマリストレージの最適化、企業のコンプライアンスや規制遵守、ファイルの安全な長期保管に適したストレージです。Assureonはプライマリストレージからデータをアーカイブ領域に移動し、アクティブデータのための領域を確保します。安全性については、米国HIPAA法、SOX法、SEC-17に準拠した法的規制にも合致しています。ファイルフィンガープリント機能(ファイルの同一性を確認する機能)により、保存したファイルと取り出すファイルが同一であることの完全性を確保しています。Assureonは管理や操作が簡単で、オンプレミス環境、クラウド環境もしくは両方のケースでもユーザーやアプリケーションのオペレーションを妨害することがありません。

ASSUREON(アシュリオン)

NEXSANストレージ製品の詳細はhttp://www.imation.co.jp/Nexsan/ を参照願います。

イメーションについて

イメーションは、リムーバブルデータストレージのリーディングカンパニーとして1996年に3M社から分離独立、設立されました。その後、2006年にMemorex社を買収、2007年にはTDK Life on Recordブランドの記録メディア販売事業を買収、そして2008年にはXtremeMac Accessories社を買収。また、2011年にエンクリプテクス社、MXI Security社、IronKey社のセキュリティハードウェアビジネス、ProStor Systems社、2013年にはNexsan社を買収しています。
現在、アメリカを核に事業拠点は世界35カ国に、顧客ネットワークは100カ国以上に及んでおり、Imation、TDK Life on Record、XtremeMac、Memorex(日本は除く)、IBM、Oracle、Exabyte等のブランドの下、磁気メディア、光メディア、フラッシュメモリなどの記録メディア、オーディオ機器、各種アクセサリなど、多彩な製品やサービスを提供しています。イメーションは2010年より、Store(保存)、Protect(セキュリティ)、Connect(コネクト)をスローガンとして掲げており、パーソナルからビジネスに至るまで、デジタル情報を確実に保存し、セキュリティ性を高め、信頼関係の構築をサポートする 「グローバルテクノロジーカンパニー」を目指しています。

  • Imation、Imationロゴ、NEXSAN、IronKey、XtremeMac、XtremeMacロゴはImation社の商標です。
  • TDK Life on Recordロゴは、TDK株式会社の商標です。
  • IBMは、IBM Corporationの商標です。
  • Oracleは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
  • Exabyteは、Tandberg Data社の登録商標です。
  • Windowsは米国およびその他の国々でMicrosoft Corp.の登録商標です。
  • その他、記載された製品名や社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

イメーション株式会社 お客様相談室
フリーダイヤル 0120-81-0536 / FAX. 03-5774-3798
受付時間 9時〜12時、13時〜17時 月曜日〜金曜日(休祝日、弊社定休日を除く)
http://www.imation.co.jp/

報道関係者様のお問い合せ先

イメーション株式会社
コマーシャル製品事業本部 マーケティンググループ 担当 : 今泉
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 11F
TEL. 03-5774-3800 / FAX. 03-5774-3909