1. Home>
  2. 会社情報>
  3. ニュースリリース>
  4. 2013年度>
  5. イメーション、NEXSANアーカイブストレージソリューションの新バージョンをリリース
2013年度ニュースリリース

新製品NEXSANアーカイブストレージソリューションの新バージョンをリリース高い費用対効果で安全な自動アーカイブを実現するASSUREON7ソリューション
最新リリースではパフォーマンスと使いやすさを向上

2013年7月4日
イメーション株式会社

[米国発表資料抄訳]2013年6月12日 米国ミネソタ州オークデール発
スケーラブルストレージとデータセキュリティの世界的企業である米Imation Corp.(本社:ミネソタ州、NYSE上場)は、次世代オブジェクトストアのNexsan Assureon(アシュリオン)セキュア自動アーカイブソリューションを発表しました。ストレージ層の統合、データセキュリティ、シンプルなストレージ管理を高い費用対効果で実現するAssureonプラットフォームは、組織のデータアーカイブの実装と管理を大きく変えます。

Nexsan Assureon(アシュリオン)セキュア自動アーカイブソリューション

  • 製品紹介ページ
  • 印刷用高画質画像データダウンロード

特に、政府機関、医療機関、金融機関などでは、デジタルコンテンツとデータが想像以上の勢いで日々増加しています。これを適切に管理すると同時に、業界と政府の規則へのコンプライアンスにも取り組む必要があります。Assureonは中規模企業や大企業向けのソリューションで、先進的で安全な自動アーカイブを実現し、ストレージインフラを最適化し、コンプライアンスも管理することが可能です。Assureonソリューションを採用することにより、ストレージポリシーを自動化して、非構造化ファイルとコンテンツについて、暗号化、自己認証、自己管理、自己回復、自己設定が可能なストレージを実現することができます。

「組織は急増するデータのコスト管理や事務処理という課題に直面しています。非構造化データを安全に保存しなければなりません。こうした組織にとってはアーカイブの自動化が不可欠です」と、Storage Strategies NOWの主席アナリストDeni Connor氏は言います。「Nexsan Assureonソリューションは非常に先進的なアーカイブストレージプラットフォームで、データ収集の簡易化と自動化の面で特に優れています。ハードウェアとソフトウェアが一体化された製品で、データの整合性も保証されます。」 他のアーカイブソリューションと異なり、Assureonでは、専用API使用時に、そのデータをアーカイブに保存するためのアプリケーションをカスタマイズする必要がありません。ユーザが新しい手順を覚える必要はなく、データにアクセスする方法もこれまでと同じです。

「ITの専門家によれば、組織が直面する問題は、政府や業界のデータの保存やセキュリティに関する厳格な規制に従いながら、急増するデータセットを管理することです。Assureonは中規模企業や大企業に適したソリューションです。非常に先進的な単一の自動ディスクアーカイブにより、急増するデータを安全に管理できます」と、イメーションのNexsanストレージソリューションのマーケティングを統括するMike Stolzは言います。「Assureonソリューションを導入すれば、管理者がデータ保護アーキテクチャ全体を管理し、重要なデータ保護機能すべてを制御し、同時にストレージインフラと関連コストを縮小できます。」

AssureonによりJack Henry社のコンプライアンスストレージを自動化

Assureonセキュア自動アーカイブソリューションは、さまざまな業界のお客様にご利用いただいています。例えば、Jack Henry & Associates社の製品とサービスは、11,600以上の金融機関や企業のために、取引を処理し、ビジネスプロセスを自動化し、基幹業務情報を管理しています。Jack Henry社では多数の銀行と消費者信用組合のお客様のためにAssureonシステムを利用しており、オンプレミスとSaaS (Software as a Service:サービスとしてのソフトウェア)の両方で、小切手画像と文書画像の安全で迅速なディスクベースストレージを提供しています。

「お客様のために、コンプライアンスに対応するストレージソリューションを選択するにあたり、当社はシステム全体として検討しました。Assureonは、レプリケーション、保存、コンプライアンス、暗号化、すべてがパッケージになった最高のソリューションです。データのセキュリティと整合性の点で、Assureonを超える製品はありません」と、Jack Henry & Associates社の技術営業部門マネージャのRandy Faith氏は言います。
Faith氏は、Assureonプラットフォームのシンプルなインターフェースとデータ整合性に対する先を見越したアプローチが不可欠だと言います。「このような時代にダウンタイムは許されません。Assureonはデータとサーバの問題を監視して、先を見越して警告を発し、問題の発生を事前に防止します。サーバがダウンしたとしても、文書画像と小切手画像がAssureonディスクに保存されているため、新しいサーバが稼動すると素早くリカバリできます。Assureon導入前はこの処理に何週間もかかったものです。」

■Assureon 7のパフォーマンス向上とストレージ管理の最適化

●即時のリカバリを可能にする仮想ショートカット
サーバにAssureonクライアントソフトウェアをインストールするだけで、サーバがクラッシュしたときに素早くリカバリできます。さらに、クラスタ化されたNAS (Network Attached Storage:ネットワーク接続型ストレージ)で、仮想ショートカット機能を利用できます。この場合、複数のサーバがAssureonファイルにアクセスできるため、冗長クラスタ構成による迅速なリカバリが可能です。
●ディスク領域を最適化するストレージプール
Assureonソリューションでは、ファイルシステムを複数のディスクアレイに展開できます。これにより、ディスク領域を効率的に利用し、システム管理をシンプルにできます。
●高いパフォーマンスの次世代ハードウェアプラットフォーム
最新のAssureonプラットフォームには、高度なプロセッサとNexsan Eシリーズ高密度ディスクストレージシステムが搭載されています。
●サーバのパフォーマンスを最適化するデータ収集の調整
Assureonサーバの場合、ITマネージャがデータ収集速度をサーバの負荷に対して最適化し、サーバのパフォーマンスを最大限に活かしながら、効率的なデータ転送を行うことができます。
●柔軟な収集機能オプション
以下のようなAssureon独自の機能から、データの収集方法とアーカイブへ転送する方法を選択できます。
  • ネットワークまたはクラウド経由:Assureon クライアントソフトウェアを使用します。
  • NASベースのAssureon Edge経由:これは2Uサーバで、LinuxまたはUnixベースの環境でデータ収集機能を利用できます(CIFSおよびNFSの両方をサポート)。または、Infiniband接続を利用するAssureon High Speed Edgeも使用できます。
さらに、SnapLock プロトコル、XML Ingestion File、およびAPI統合(オプション)を利用する収集機能もあり、ファイルの保存と処理を管理できます。
●監査を容易にする管理者の監査証跡
Assureonシステムに対するすべての設定変更が追跡されて記録されるため、監査が容易になります。新しく監査証跡機能が追加され、監査記録によって検索とフィルタを実行するためのユーザーインターフェースが用意されました。

■スケーラビリティと可用性

Assureon 7セキュア自動アーカイブソリューションは、チャネルパートナーにより提供され、3TBから数ペタバイトの非構造化データに対応します。 Assureonソリューションの詳細は、下記WEBサイトをご覧ください。
www.imation.co.jp/nexsan/lineup/assureon.html

NEXSANについて

Nexsanは、世界中に10,000以上の顧客を擁する革新的なデータストレージシステムのトッププロバイダーです。Nexsanの先駆的ハイブリッドストレージシステムによって、SSDテクノロジー、ハードディスク、高度ソフトウェアを組み合わせ、革新的なレベルのパフォーマンスと容量を低コストで提供することが可能となっています。Nexsanの高度なテクノロジーを採用することで、従来のバーチャル、クラウドのコンピューティング環境の最適化を行い、生産性や敏捷性を向上させることができます。Nexsanは、世界に広がるソリューションプロバイダ、VAR、システムインテグレータのネットワークを通じて独自のデータストレージシステムを提供し、1999年以来、28,000を超えるシステムを提供してきました。

イメーションについて

イメーションは、リムーバブルデータストレージのリーディングカンパニーとして1996年に3M社から分離独立、設立されました。その後、2006年にMemorex社を買収、2007年にはTDK Life on Recordブランドの記録メディア販売事業を買収、そして2008年にはXtremeMac Accessories社を買収。また、2011年にエンクリプテクス社、MXI Security社、IronKey社のセキュリティハードウェアビジネス、ProStor Systems社、2013年にはNexsan社を買収しています。
現在、アメリカを核に事業拠点は世界35カ国に、顧客ネットワークは100カ国以上に及んでおり、Imation、TDK Life on Record、XtremeMac、Memorex(日本は除く)、IBM、Oracle、Exabyte等のブランドの下、磁気メディア、光メディア、フラッシュメモリなどの記録メディア、オーディオ機器、各種アクセサリなど、多彩な製品やサービスを提供しています。イメーションは2010年より、Store(保存)、Protect(セキュリティ)、Connect(コネクト)をスローガンとして掲げており、パーソナルからビジネスに至るまで、デジタル情報を確実に保存し、セキュリティ性を高め、信頼関係の構築をサポートする 「グローバルテクノロジーカンパニー」を目指しています。

  • Imation、Imationロゴ、NEXSAN、IronKey、XtremeMac、XtremeMacロゴはImation社の商標です。
  • TDK Life on Recordロゴは、TDK株式会社の商標です。
  • IBMは、IBM Corporationの商標です。
  • Oracleは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
  • Exabyteは、Tandberg Data社の登録商標です。
  • その他、記載された製品名や社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

イメーション株式会社 お客様相談室
フリーダイヤル 0120-81-0536 / FAX. 03-5774-3798
受付時間 9時〜12時、13時〜17時 月曜日〜金曜日(休祝日、弊社定休日を除く)
http://www.imation.co.jp/

報道関係者様のお問い合せ先

イメーション株式会社
コマーシャル製品事業本部 マーケティンググループ 担当 : 今泉
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 11F
TEL. 03-5774-3800 / FAX. 03-5774-3909